FC2ブログ
趣味のドールディーラー「黒船屋」の日誌です。
 誌上・パターン塾 Vol.1 トップ編 (文化出版局MOOKシリーズ)
2014年08月31日 (日) | 編集 |
誌上・パターン塾 Vol.1 トップ編 (文化出版局MOOKシリーズ)誌上・パターン塾 Vol.1 トップ編 (文化出版局MOOKシリーズ)
(2014/02/12)
文化出版局編

商品詳細を見る


書店に立ち寄った時に見つけたので購入しました。
人間用服の型紙の引き方の本です。

恥ずかしながら、私は高校時代は被服や縫い物にまったく興味がなく、せっかく家庭科で被服の授業があったのに、やる気が無いので、右から左へ聞き流していました。
あの時の自分を半殺しにしたいです。
ただ、ミシンの整備はなぜか得意で、そら糸が切れた、縫い目がおかしいというクラスメイトの声で、教室中のミシンを飛び回っては調整をしていました。
自分の課題はもちろんできません。
一時間中、ミシンの整備士をしていましたから。
課題はどうしたかといいますと、すみません、洋裁のプロだった母に作ってもらいました。
ホントにひどいですね。(-_-;)
クラスメイトは、まったく何もしていない私が、提出日にきちんとしたスカートを提出したので、ショックを受けたそうです。
影武者の存在はクラスメイトには話していません。先生にバレたら大変ですからね。
ますますひどいですね。(-_-;)

それはともかく、この本は、トップスの型紙の基礎とアレンジのことが書かれていて、どういう型紙を引けば、どういう形の服になるかがわかりやすく参考になります。
「Dolly bird」の荒木さわ子先生の連載と合わせて読みたい一冊です。

スポンサーサイト





 Dollybird vol.20 【通常版】
2014年07月04日 (金) | 編集 |
Dollybird vol.20 【通常版】Dollybird vol.20 【通常版】
(2014/06/30)
不明

商品詳細を見る


インテリア特集です。
きれいな背景でお人形の写真を撮りたいのは誰もが思うことだと思います。
ドール雑誌の写真はさすがの美しさで、ま、プロなんだから当たり前だな!とか思っていたら、プロ顔まけの凄いインテリア環境を実現している方が少なくなくて、軽く凹みました、私。(^_^;)
背景用のインテリアボード自作はいつか挑戦してみたいです。(いつなんだか…)

荒木さわこ先生の講座は、型紙の拡大縮小と修正です。
ためになります。
なりますが、かなりハイレベルで、もうほとんど数学じゃないかと思います。(T_T)
がんばって熟読したいです。
でも、
(型紙をあれこれいじくるよりも、一から作った方がきっと楽だと思います。(T_T))

スーパードルフィー特集もあるというので楽しみにしていましたが、新スタンダードの紹介が少しあるだけでした。
靴やレジンアイの作り方の紹介もあるのですが、ハイレベルすぎて、やる気と根性がないと、やってみるには厳しそうです。



 Dolly*Dolly 2014 spring (お人形BOOK)
2014年04月29日 (火) | 編集 |
Dolly*Dolly 2014 spring (お人形BOOK)Dolly*Dolly 2014 spring (お人形BOOK)
(2014/04/07)
グラフィック社編集部

商品詳細を見る


復刊したDolly Dollyです。
この号から年二回になるそうです。
まあ、なんにしてもよかったよかった。

休刊寸前の数号は、なんだか低迷している感が否めなくって、無理やり紙面を作っているような気がしましたので、年二回ぐらいがちょうどいいのかもしれません。
この号は、たぶん、8割ぐらいブライスです。
自分が持っていない、知らないものを見るのは楽しいです。
ブライスのドレスのデザインは、ハイセンスなものが多いので、眺めているだけで楽しいです。(^_^)


[READ MORE...]
 Dollfie Dream 公式ファンブック 3
2013年08月02日 (金) | 編集 |
新しく発売になっていたので、買ってみました。
表紙は、マユちゃんとマリコ先生です。
ちょっと前にWEBで行われた総選挙(?)で、私はマユちゃんに入れたので、2位になって嬉しいです。
たとえ最下位でもマユちゃんはカワイイと思うので、順位は気にしてません。
4番ヘッドはちょっとクセがありますが、ぷくぷくしててキューピーさんみたいで、ホントにカワイイと思います。

本の内容ですが、

・簡単に作れるワンピースドレスの作り方が、予想以上にカワイイものが仕上がるのでビックリしました。
ディーラー殺し… (^_^;)
型紙無しでも作れるのですが、一度型紙を作ってしまった方が、いちいち布に寸法を書かなくて済むのでかえって楽だと思います。
これ、一回つくっちゃったら、きっとミシンを買ってしまうでしょうね。

・ウィッグアレンジ
基本的なことばかりですが、写真で細かく解説してくれているので、わかりやすいです。
ショートウルフのマユ(4番)がかわいいです。

・ケイタイカメラでの写真の撮り方
今度やってみようかな。

他は、DDちゃんたちのグラビア写真満載です。
アップの写真が多いので、メイクの参考にもなると思います。

お楽しみ誌上通販は、アルナちゃんのツーテールウィッグ。
一種類だけなので、少し残念です。
その分、お財布には優しいのですが…



 Dollybird vol.18
2013年07月05日 (金) | 編集 |
Dollybird vol.18Dollybird vol.18
(2013/06/28)
不明

商品詳細を見る


粘土で作るフェイクスイーツの特集です。
お菓子は食べて美味しくて幸せになってナンボ!と思っているので、精巧なミニチュアとはいえ、食べられないんだったら有り難み半減というか、食べられない分むしろ哀しい… という気持ちが無くはないのです。
まあ、ぶっちゃけ、フェイクスイーツは、そういうわけで、私はあまり興味が無いわけです。

でも、粘土で色々作れたら楽しいと思いますし、表紙のブライスちゃんの髪を飾る粘土のお花はとてもきれいだなあ、と思います。
パンジーとバラの花の作り方も簡単に掲載されていますが、かなり難しそうです。
こういうの作れたら、幅が広がって面白そう。
(家が狭いので、コレ以上幅は広げたくないです…(>_<))

個人的に面白かったのは、かわいいお菓子の箱を紹介したコーナーです。
お菓子の箱、特に缶箱は捨てるなんてとんでもない!と思っているので、欲しくなる箱が結構あって目の毒でした。

そして、毎号、このために買ってしまっていると言ってもいい、荒木さわ子先生のコーナーは、裁断に特化した、痒いところを掻きまくり!の記事です。


[READ MORE...]