FC2ブログ
趣味のドールディーラー「黒船屋」の日誌です。
 2007/01/28 Doll`s Myth.参加します
2007年01月27日 (土) | 編集 |
●2007/01/28 Doll's Myth.8
●ディーラー名「黒船屋」
●ブース番号 C-2

■MSD用 キモノスカート
写真はサンプルです。
実際の販売物とは、柄の位置、補色布色など多少異なる場合があります。



《春の菊》5000円 2セット

写真が間に合わなかったのですが、幼SD用の黒い花柄も2セットあります。
どうぞ宜しくお願いします。


スポンサーサイト





 2007/01/28 Doll`s Myth.参加します
2007年01月25日 (木) | 編集 |
●2007/01/28 Doll's Myth.8
●ディーラー名「黒船屋」
●ブース番号 C-2

■MSD用 キモノスカート
写真はサンプルです。
実際の販売物とは、柄の位置、補色布色など多少異なる場合があります。

DSCF2169.jpg

《うさぎ》5000円 2セット

ミニスーパードルフィーサクラ(創作造形 (C)ボークス造形村)をモデルに作った、MSDサイズの衣装セットです。
キモノ風トップス、スカート、ペチコート、エプロン、髪飾リボン、の5点セット。
縫製は家庭用ミシン、手縫いです。布端処理は、たちめかがり縫い、ジグザグ縫いです。丁寧に製作したつもりですが、素人の趣味の手作り品です。完璧な縫製ではありませんのでご了承下さい。
黒地のものは、一週間程度着せてみて色移りするかどうかテストしていますが、万が一ということもございますので、色移りには充分ご注意下さい。

●仕様

《着物風トップス》 生地:和調プリントコットンなど。
          袖部分だけ裏布(主にシーチング)をつけています。
          だて衿はシーチング、プリントコットンなど。

《スカート》 生地:和調プリントコットンなど。後ろスナップボタン留め。

《ペチコート》 生地:綿ブロード、ラッセルレース、または綿レース。ウエストゴム。

《エプロン》 生地:綿ブロード、またはシーチング。後ろマジックテープ留め。

《髪飾リボン》 生地:綿ブロード。スリーピン(パッチン留め)で留めます。

●ユノア・クルスへの着用
着用は可能ですが、ウエストサイズがあわないのでぶかぶかになります。スナップボタン、マジックテープをジャストサイズの位置に付け替える必要があります。

■幼SD用 キモノスカート

写真はサンプルです。
実際の販売物とは、柄の位置、補色布色など多少異なる場合があります。

you_usagi1_01.jpg
you_usagi1_02.jpg

《うさぎ》5000円 2セット

you_usagi2_01.jpg
you_usagi2_03.jpg

《うさぎ薄桃》4000円 3セット


幼天使・霞(創作造形 (C)ボークス造形村)をモデルに作った、幼SDサイズの衣装セットです。
キモノ風トップス、スカート、ペチコート、エプロン、ヘッドドレス、の5点セット。
縫製は家庭用ミシン、手縫いです。布端処理は、たちめかがり縫い、ジグザグ縫いです。丁寧に製作したつもりですが、素人の趣味の手作り品です。完璧な縫製ではありませんのでご了承下さい。

●仕様

《着物風トップス》 生地:和調プリントコットンなど。
          袖部分だけ裏布(主にシーチング)をつけています。
          だて衿はシーチング、プリントコットンなど。

《スカート》 生地:和調プリントコットンなど。後ろスナップボタン留め。

《ペチコート》 生地:綿ブロード、綿レース。ウエストゴム。

《エプロン》 生地:綿ブロード、後ろマジックテープ留め。

《ヘッドドレス》 生地:綿ブロード。リボンで結んで留めます。

●我が家には猫がおります。販売させていただく品物に毛が付着しないよう十分注意をしておりますが、何ぶん完全とはいえません。猫アレルギーなどの方には大変申し訳ありませんが、どうぞその点御留意下さいますようお願い致します。また、家族を含め喫煙者はおりません。



 Dolly Dolly〈Vol.12〉
2007年01月06日 (土) | 編集 |
Dolly Dolly〈Vol.12〉 Dolly Dolly〈Vol.12〉
グラフィック編集部 (2006/12)
グラフィック社
この商品の詳細を見る


着物の仕立て方にほとんどの頁が割かれていますので、興味のない方には若干無意味かもしれません。
逆に入門用としては役立つかもしれませんが、ここまできちんと本格的に着物を仕立てるのなら、覚悟を決めて和裁を習いに行った方がいいんじゃないか?と思いました。
友禅染の簡単な(?)技法の紹介などもあって、奥深さを感じる点は面白いのですが、「着物を仕立てる」ことについては、ちょっと敷居が高すぎるようです。(^_^;)
でもまあ、「きっかけ」は、自分から飛び込んでいかないと、いつまで待っていても向こうからやってくるものでもないと思うので、覚悟を決めて、最初からひとつひとつ、本を潰すつもりで頑張るのも幸せな時間になるかもしれません。