FC2ブログ
趣味のドールディーラー「黒船屋」の日誌です。
直線縫いミシンを買いました
2016年04月05日 (火) | 編集 |
2月上旬に、長年愛用している家庭用ミシン、ブラザーPC-8000が動かなくなりました。
電源は入りますが、プーリーが動きません。
買ってから今年で11年めなので、さすがにガタがきたのかもしれません。
ミシンを購入したお店にお願いして、修理に出しましたが、たてこんでしまっているとのことで、なかなか直ってこないので、我慢できずに直線縫いミシンを購入してしまいました。
京都ドルパを控えていたので、余計に待ってられなかったのですね。

ちょっと前に、ドールイベントで、ディーラーの大先輩である、さかざきや様に、直線縫いミシンの良さをお聞きして以来、今年中には買おう!と思ってはいたのですが、まさかこんなに早く買うはめになるとは思いませんでした。(-_-;)
(毎月、少しづつお金を貯めてからにするつもりでした。)
それ以前に、私なんかが、そんな本格的なミシン買っても、分不相応で宝の持ち腐れになるに違いないし、今使っているPC-8000もいいミシンだし、不満もまああるけど、慣れてるから、直線縫いミシンは買うつもりはなかったのです。
でも、使いやすいよ~、いままでの苦労はなんだったのかという、さかざきや様の言葉で、そんな気持ちは一瞬で消えてなくなりました。
そんなに使いやすいんだったら欲しい! (>_<)

直線縫いミシンの選択肢は、それほど多くはありません。
メーカーは、JUKIとブラザーにまず絞りました。
JUKIは、大先輩のJ,Girl With BAMBI様、さかざきや様のご愛用ミシンメーカーだからです。
ブラザーは私の使っているミシンのメーカーで、アフターケアも良いからです。

次に考えたのは、工業用針か、家庭用針かです。
家庭用針なら、今使っているミシンの針を使えます。
しかしながら、せっかく直線縫いミシンを買うのだったら、パワー重視にしようと思い、工業用針に決めました。
工業用針は、家庭用針に比べるとやはり硬度が高く、丈夫なのだそうです。

JUKIとブラザーのどちらにするかは、最後まで迷いました。
メーカーのカタログなどを見てみると、JUKIはいささか愛想がないぐらいの機能一辺倒な印象です。
プロユーザーしか眼中にない感じです。
対して、ブラザーはアマチュアユーザーのことも視野に入れている印象です。
また、薄物縫いも留意しているみたいで、薄物縫いに特化したちょっと特殊な機能もついていました。

値段は、JUKIが安く、ブラザーはやや高めです。
(最高機種ではJUKIが高いのですが。)

結局、パワー重視で工業用針を選択したことを考えて、パワー重視のJUKIにすることにしました。
選んだのは、JUKIの一番お安い機種です。
まあ、ぶっちゃけ、予算絞ったわけですが。(^_^;)



このお店では、有料オプションで、サブテンションというのもつけてくれるので、つけてもらいました。
パソコンもそうなのですが、メモリとかあとからアレコレするより、最初につけておいてもらった方が後々楽です。

この機種は、最低限の機能しかありません。
家庭用ミシンでは当たり前に便利に使っている、自動糸通しや糸切りはありません。
普段、それらの機能に慣れきっているので、無いと不便かなあ、と悩んだのですが、予算が許しませんでした。(-_-;)
まあ、無ければ無いで、慣れればいい話なので、とにかくコレに決めました。

注文してから、すぐに届いたのですが、その翌日に修理をお願いしていたPC-8000も帰ってきました。
内部に糸が絡まっていたそうです。
自動糸切りのカッターも摩耗していたとのことで、内部の掃除と部品交換、送料で8000円ぐらいで済みました。
PC-8000は多機能なので、これはこれで本当にダメになるまでは使っていきます。

TL-30 シュプールを使ってみた感想は、また後日に書きます。(^_^)

スポンサーサイト



テーマ:ソーイング
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック